本文へ移動

診療科を探す

医師名で探す

閉じる

泌尿器科

泌尿器科

診療担当医表

※枠内に「※予約」とある診療枠は、完全予約制となります。

※横スクロールができます。

 
午前濵田 修史
(診察室4)
濵田 修史
(診察室4)
大阪医大
(診察室4)
大阪医大
(診察室4)
濵田 修史
(診察室4)
午後

診療担当医変更のお知らせ

診療担当医変更はございません

受付時間
午前診療8:00-11:30
診察時間
午前診療9:00-12:30

登録医診療所からの紹介患者さまは、優先的に診療いたします。

選定療養費・健康保険証について

医師紹介

濵田 修史
医師名
濵田 修史
職位
泌尿器科 医長
医師名
東 治人
職位
泌尿器科 非常勤
医師名
谷口 俊理
職位
泌尿器科 非常勤
医師名
徳永 雄希
職位
泌尿器科 非常勤
医師名
吉川 勇希
職位
泌尿器科 非常勤
医師名
池田 昌生
職位
泌尿器科 非常勤

診療内容

当院泌尿器科では、前立腺肥大症、尿路結石、神経因性膀胱、悪性腫瘍などの泌尿器疾患に対し、迅速に適切な検査を実施し、治療を行っています。特に生活習慣の欧米化などにより増加傾向にある前立腺癌を中心とした悪性腫瘍に対しては、手術療法や放射線療法、内分泌療法、化学療法を近隣の大学病院と連携を取りながら個々の患者様に合わせた治療を実践しています。

悪性腫瘍に対する治療に関しては、TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術)などの手術治療を行っています。開放手術に加えて低侵襲である腹腔鏡下手術(2010年度は6例)も積極的に取り入れつつ患者様のQOLの維持・向上に努めています。加齢とともに増加傾向にあり排尿障害の原因としてよくみられる前立腺肥大症に対しては、投薬にて治療効果の不十分な場合にはTUR-P(経尿道的前立腺切除術)による手術療法を行い症状の改善を図っています。

患者数実績等

年間外来・入院患者数(2019年度)

外来患者数
初診患者数 430
外来延べ患者数 7,415
入院患者数
新入院数 204
在院延べ患者数 1,794
退院数 208
1日平均在院数 4.9
平均在院日数 8.7
手術件数 170

過去3年間の手術数推移

手術名 2017年度 2018年度 2019年度
TUR-Bt 139 113 126
TUR-P 22 4 4
膀胱出血止血術 1 0 1
グラフト抜去術 0 1 0
グラフト内シャント造設術 0 2 1
尿道腫瘍切除術 2 0 0
陰嚢水腫根治術 2 1 1
精液瘤根治術 1 0 0
包茎根治術 0 4 4
腎瘻造設術 5 4 4
膀胱瘻造設術 0 1 0
膀胱水圧拡張術 0 3 4
内シャント造設術 19 19 16
腎嚢胞穿刺 3 1 0
尿管ステント抜去術 0 0 1
腸管損傷修復術 0 0 1
精巣摘除術 1 0 0
精巣静脈結紮術 0 1 3
シャント止血術 2 0 0
透析シャント作成 0 2 1
シャント血栓除去術 0 2 0
シャント瘤切除術 0 1 0
膀胱切石術 1 0 0
腹腔鏡下腎摘出術 0 0 1
腹腔鏡下尿膜管摘除・臍切除 0 0 1
膀胱全摘・尿管皮膚瘻 0 0 1
合計 198 159 170

当院で対応可能な手術

経皮的腎周囲膿瘍穿刺術/PDカテーテル抜去術/グラフト抜去術/グラフト内シャント造設術/シャント結紮術/陰嚢水腫根治術/開腹止血 血腫除去術/環状切開術/胃ろう増設術/前立腺的除術/根治的腎摘出術/腎周囲 膿瘍穿刺術/開腹腎摘除術/腹腔鏡下腎臓摘除術/腹腔鏡下腎尿管全摘除術/腹腔鏡下副腎摘除術/精巣摘除術/シャント血栓除去術/恥骨後式前立腺摘除術 回盲部切除術/尿道カルンケル切除術/前腕感染創デブリドーマン 等