本文へ移動

診療科を探す

医師名で探す

閉じる

外来のご案内

がん相談支援センター

がん相談支援センターでは、がんに関する不安や疑問などに、看護師や社会福祉士が情報提供や相談支援を行っています。

-このようなことで悩んでおられませんか?-

  • がんと診断されて不安
  • 医療費や生活費について悩んでいる
  • 介護や在宅医療などのサービスについて知りたい
  • 仕事や学業など今後の生活をどうすれば良いか分からない
  • 家族あるいは本人に病気のことを伝えようか悩んでいる
  • セカンドオピニオンを受けたい

相談は無料で匿名でのご相談も可能です。
相談の際のプライバシーは厳守いたします。
即日のご対応が困難な場合がございますので、事前のご予約をおすすめします。

相談受付時間:平日・土曜(祝日を除く)9:00~16:30
TEL:072-696-2121(代表)「がん相談希望」とお伝えください。
相談窓口:相談室6(1階相談サービスコーナー)

当院でのがん治療について

  • 緩和ケアチーム・外来
  • セカンド・オピニオン外来

緩和ケアとは、主にがんなどの疾患に直面している患者さまとその家族に対して、疾患の痛みや身体的・心理的な問題の改善を図り、生活の質を向上させることを指します。

当院でも、年々増加するがん患者さまとその家族に対して、医師・看護師・薬剤師等がチームとなってサポートしています。

また、他の医療機関で治療中の患者さまとその家族に対しても、専門医師による治療や相談等(セカンド・オピニオン外来)を受けることも可能です。

ご質問等ありましたら1階のがん相談支援センターまでお問い合わせください。

他施設との連携について

がんの治療方法は、基本的に「手術療法」、「化学(薬物)療法」、「放射線療法」の3種類があります。近年は化学療法や放射線療法が進歩し、がんの種類やステージ(病期)によっては手術と変わらない効果が認められてきています。

医師は様々な検査を行いながら、どの治療方法がその人のがんに効果を期待できるかを調べます。検査結果に加えて、年齢や性別、環境や希望なども考慮して総合的に判断し、治癒方法が提案されます。複数の治療を組み合わせることもあります(集学的治療ともいいます)。
放射線治療が必要な患者さんには、大阪医科薬科大学病院や彩都友紘会病院等と連携をとっており、患者さんにとってよりよい治療法が選択できる体制を作っています。

他施設との連携についての図

当院で緩和ケアに係る研修を受けた保険医

  • 木野 昌也
  • 小林 一朗
  • 佐野村 誠
  • 西谷 仁
  • 結城 雅子
  • 豊田 昌夫
  • 植田 直樹
  • 西原 功
  • 田中 理恵
  • 越智 薫
  • 川﨑 浩資
  • 森井 功
  • 禹 英喜
  • 貴島 源一
  • 竹内 徹
  • 福井 浩一
  • 藤田 正紘
  • 山口 茂
  • 永松 航
  • 鈴木 重徳
  • 冨永 真央

当院での院内がん登録実績

年度 件数
2021年 471
2020年 589
2019年 515
2018年 475
2017年 507
2016年 281
2015年 322
2014年 294
2013年 417
2012年 212
当院での院内がん登録実績グラフ