本文へ移動

診療科を探す

医師名で探す

閉じる

消化器内科・内視鏡センター
化学療法センター・肝臓内科

消化器内科・内視鏡センター・化学療法センター・肝臓内科

診療担当医表

※枠内に「※予約」とある診療枠は、完全予約制となります。

※横スクロールができます。

  
消化器内科午前佐野村 誠
※予約
(診察室2)
佐々木 有一
※予約
(診察室2)
佐野村 誠
※予約
(診察室2)
西川 知宏
※予約
(診察室2)
午後佐野村 誠
※予約
(診察室2)
佐野村 誠
※予約
(診察室2)
福田 斯盧恵
※予約
(診察室2)
沼 圭次朗
※予約
(診察室6)
肝臓内科午前朝井 章
※予約
(診察室14)
午後福西 新弥
※予約
(診察室1)
がん化学療法・緩和ケア外来午前寺沢 哲志西谷 仁西谷 仁西谷 仁
午後

診療担当医変更のお知らせ

【消化器内科】
・1月20日(水)午後 佐野村 ⇒ 休診
・1月21日(木)午前 佐野村 ⇒ 休診

【肝臓内科】
・12月2日(水)午後 福西 ⇒ 14:30まででストップ

受付時間
午前診療8:00-11:30 午後診療13:00-15:30
診察時間
午前診療9:00-12:30 午後診療14:00-16:30

登録医診療所からの紹介患者さまは、優先的に診療いたします。

選定療養費・健康保険証について

医師紹介

佐野村 誠
医師名
佐野村 誠
職位
病院長補佐(がん診療・学術教育・内科系診療担当) 兼 消化器内科主任部長
佐々木 有一
医師名
佐々木 有一
職位
病院長補佐 兼 消化器内科部長 兼 内視鏡センター長 兼 医療安全対策室副室長
西谷 仁
医師名
西谷 仁
職位
消化器内科医長 兼 化学療法センター長
西川 知宏
医師名
西川 知宏
職位
消化器内科 医員
沼 圭次朗
医師名
沼 圭次朗
職位
消化器内科 医員
福田 斯盧恵
医師名
福田 斯盧恵
職位
消化器内科 医員
西田 光志
医師名
西田 光志
職位
消化器内科 医員
冨永 真央
医師名
冨永 真央
職位
消化器内科 医員
桶本 大
医師名
桶本 大
職位
消化器内科 医員
福西 新弥
医師名
福西 新弥
職位
肝臓内科 非常勤(大阪医科大学 水曜日担当)
寺沢 哲志
医師名
寺沢 哲志
職位
がん化学療法・緩和ケア外来 非常勤
医師名
朝井 章
職位
肝臓内科 非常勤(大阪医科大学 金曜日担当)

診療内容

日本消化器内視鏡学会認定指導施設、日本消化器病学会認定施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設、大阪府がん診療拠点病院などの認定を受けています。緊急処置を要する疾患にも対応し、消化器疾患に対する最新の診断・治療を行っています。

1) 上部消化管疾患

出血性胃十二指腸潰瘍や食道静脈瘤破裂などの上部消化管出血に対して、緊急内視鏡的止血術(ソフト凝固止血、クリッピング、EVLなど)にて治療を行い良好な成績を得ています。また、逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、胃癌などの診断・治療を行っており、ルーチン検査には患者様の負担が少ない経鼻内視鏡も使用しています。胃十二指腸潰瘍の再発予防にはH.pylori除菌療法を外来にて施行しています。早期胃癌、胃腺腫など内視鏡的治療の適応となる腫瘍に対してはIT2ナイフなどを使用したESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)・EMR/polypectomyによる内視鏡治療も施行しています。

図1-1
図1-2
図1-3
図1-4

図1:当院循環器内科でPCIを施行した後に軽度の貧血を認めたため、上部消化管内視鏡検査を施行したところ、胃前庭部大弯に8mm大の辺縁が不整な陥凹性病変を認め、早期胃癌0-IIc,分化型,深達度Mと診断しました。内視鏡的治療適応と診断し、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を施行しました。特に合併症なく終了し、術後病理標本では、Adenocarcinoma(tub1), M, cut end(-)であり治癒切除の判定でした。

2) 下部消化管疾患

大腸腫瘍においては拡大観察・NBI観察を積極的に使用して精度の高い内視鏡診断を行っており、早期大腸癌・大腸腺腫に対してEMR/polypectomyにて治療しています。近年注目されているSSA/Pについても診断と治療を行っています。また、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患に対する診断・治療のほか、原因不明の小腸出血が疑われる症例にはカプセル内視鏡による診断も可能です。腸閉塞に対するイレウス管挿入については、経鼻内視鏡を用いて確実に速やかに挿入することが可能となりました。

図2-1
図2-2
図2-3
図2-4

図2:便潜血陽性にて大腸内視鏡検査を施行したところ、S状結腸に4mm大のIIa病変を認めました。NBI拡大観察にて、腫瘍表面のsurface patternは認識されvascular patternは不整な網目模様の血管を認めましたが、太さ・分布は比較的均一であったため、広島分類Type C-1と診断しました。クリスタルバイオレット染色による拡大観察では、VI型軽度不整のpit patternを呈していました。以上より粘膜内癌と診断し、EMRにて切除しました。病理組織では、Adenocarcinoma(tub1), M, cut end(-)であり治癒切除

3) 肝疾患

肝疾患では急性・慢性肝炎や肝膿瘍、肝腫瘍などの精査・治療を行います。ウィルス性肝炎に関しては肝臓専門外来を新設し、インターフェロン治療や核酸アナログ治療を行っています。肝腫瘍が疑われる場合には、造影CTやMRIにて鑑別を行い、必要であれば腹部血管造影検査や肝生検で精査を行います。肝細胞癌に対しては造影3D-CTにより、術前に詳細に血管走行などを確認してから腹部血管造影を行います。これにより腫瘍に対してTACEなどの治療を行う場合に副作用を最小限に抑えることができます。病変が小さい場合には超音波エコー装置を用いてPEITを行います。ラジオ波焼却術(RFA)については,関連病院と連携して行っています。肝膿瘍については、抗生剤での治療効果が不十分である場合に肝膿瘍ドレナージを行うことで著明に改善することも多々あり、症例に応じて施行しています。また肝硬変や最近急増しているNASHの外来経過観察・治療も行っています。

図3-1
腹部造影3D-CT検査
図3-2
腹部血管造影検査

4) 胆膵疾患

胆膵疾患ではERCPやPTCDを中心に幅広い検査・治療を行っています。最近では胆石症や胆管癌、膵癌などの疾患が増加しており、検診などを契機に発見されるケースも珍しくなく、検査を希望される方が増えてきております。当院ではそういったニーズに応えるべく、検査枠を大幅に広げ、CTやMRCP、FDG-PET/CTといった画像検査からERCP、PTCDといった精査・処置の予約期間の短縮に心がけております。また、各種資格を持った専門の医師と医療スタッフを多く揃え、今までは困難であった高度な処置や緊急の場合にも迅速に対応できる態勢を整えております。以下に当院で行っている代表的な検査・処置を紹介します。

ERCP(内視鏡的胆管膵管造影)

内視鏡を用いて胆管や膵管に対して造影を行います。直接、造影剤を注入して透視装置で観察するため、非常に解像度の高い情報を得ることができ、CTやMRCPなどではわからなかった微小な病変を発見することができます。この際に胆石や狭窄などの病変を認めた場合には、そのまま処置を行っています。合併症として最も問題となる急性膵炎には処置による乳頭の浮腫が関与していると考えられているため、その点などにも注意し、安全を第一に検査を行っています。

図4-①
ERCP検査
図4-②
MRCP検査

EST(十二指腸乳頭切開術)・結石除去

図4③④:胆石などを認めた場合には十二指腸乳頭を切開して、バスケットカテーテルなどを用いて結石を取り除きます。合併症である出血や腸管穿孔、術後の胆管炎などを予防するため、結石の大きさに合わせて切開幅を必要最小限にするよう心がけています。

図4-③EST
図4-④EST

ステント留置・生検

図4⑤~⑧胆管や膵管の狭い部位に対して生検による組織検査やステントといわれるストローのようなチューブを入れたりします。また、径の大きい十二指腸ステントなどを腸管狭窄部に留置したりもします。

図4-⑤胆管ステント
図4-⑥胆管ステント

PTCD(経皮経肝胆管ドレナージ)PTGBD(経皮経肝胆嚢ドレナージ)

急性胆嚢炎や内視鏡での処置が困難な場合、超音波エコー装置で拡張した胆管や胆嚢を観察しながら、穿刺などの処置を行います。事前にドップラー画像などで血管などを把握し、出血などの合併症が起こらないように注意しています。

図4-⑦十二指腸ステント
図4-⑧十二指腸ステント

5) がん化学療法

胃癌・大腸癌・肝細胞癌・胆道癌・膵癌に対する術後補助化学療法、切除不能・進行再発癌に対する化学療法などの各種抗がん剤治療を導入しており、外来あるいは入院にて施行しています.使用する抗がん剤は多岐にわたっており、がん化学療法委員会のレジメンに登録され、適切な抗がん剤治療を行っています。その際、必要に応じてCVポート留置術を当科にて施行しています。また、毎週、がん治療認定医・がん性疼痛看護認定看護師・薬剤師・病棟外来看護師から構成される緩和ケアチームにて緩和ケア回診を行っており、がん患者の緩和医療にも力を入れています。

患者数実績等

年間外来・入院患者数(2019年度)

外来患者数
初診患者数 990
外来延べ患者数 11,268
入院患者数
新入院数 1,772
在院延べ患者数 17,086
退院数 1,750
1日平均在院数 46.7
平均在院日数 9.7

検査実績・年間主要検査件数

 

検査・処置名

件数

上部内視鏡

上部内視鏡検査(経口)

1,678

上部内視鏡検査(経鼻)

1,341

EMR(内視鏡的粘膜切除術)/ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

18

EUS(超音波内視鏡検査)

79

EIS(内視鏡的静脈瘤硬化療法)

1

EVL(内視鏡的静脈瘤結紮術)

12

PEG(胃瘻造設術)

19

PEG(胃瘻交換)

29

EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引法)

19

異物除去術

19
 

検査・処置名

件数

下部内視鏡

大腸内視鏡検査

1,963

EMR(内視鏡的粘膜切除術)・ポリペクトミー

585

内視鏡的止血術

44
 

検査・処置名

件数

ERCP他

ERCP(内視鏡的胆管膵管造影)

255

ENBD(経鼻胆管ドレナージ)

7

EST(内視鏡的乳頭切開術)

86

胆管ドレナージ(ステント挿入)

159

結石除去

75
 

検査・処置名

件数

PTCD他

PTCD(経皮的胆管ドレナージ術 )

4

PTGBD(経皮経肝胆嚢ドレナージ術)

5
 

検査・処置名

件数

その他

PEIT(経皮的エタノール注入療法)

0

腹部エコー

7

腹部血管造影

3

肝生検

10

イレウス管挿入術

61

小腸造影

4

上部消化管透視

112

注腸

26

CVポート挿入術

42

カプセル内視鏡

9

2019年度 学会・研究会・論文発表

学会発表・研究会発表・講演・座長・司会など

アミティーザカプセル12µg発売記念講演会 in 広島 2019.4.11 広島
アミティーザカプセル12µgの使用経験から考えるベネフィット
〇佐野村 誠
第19回 三島圏域がん研究会 2019.5.23 高槻
特別講演 座長
佐野村 誠
OMC –IBD update meeting- 2019.5.28 大阪
一般演題 座長
佐野村 誠
第97回 日本消化器内視鏡学会総会 2019.5.31-6.2 東京
横行結腸PEComaの1例
〇佐野村 誠,坂口奈々子,石原由希,森下文乃,山本嘉太郎,山田真規,横濱桂介,西谷 仁,佐々木有一,豊田昌夫,長田憲和,江頭由太郎,廣瀬善信,樋口和秀
第224回 日本内科学会近畿地方会 2019.6.1 大阪
消化器2 座長
佐野村 誠
第28回 北摂四医師会医学会総会 2019.6.8 高槻
胃原発胎児消化管類似癌22例の臨床病理学的検討とその診断意義について
○石原由希,佐野村 誠,西田光志,坂口奈々子,沼 圭次朗,上嶋一也,西川知宏,西谷 仁,佐々木有一
第228回 大腸疾患研究会 2019.6.14 大阪
大腸若年性ポリープの1例
〇佐野村 誠
第228回 大腸疾患研究会 2019.6.14 大阪
特別企画「大腸癌診断を極める」 司会
佐野村 誠
第24回 日本緩和医療学会学術大会 2019.6.21-22 横浜
オピオイドの増量による便塊貯留を原因として発症した大腸捻転の1例
〇佐野村 誠,西谷 仁,榎南祥太,京林裕美
第24回 日本緩和医療学会学術大会 2019.6.21-22 横浜
在宅診療で、悪性腫瘍に起因した皮膚瘻孔に対して、人工肛門装具を使用しQOLが向上した2症例
〇守屋有紀子,稲田 陽,豊田昌夫,西谷 仁
宮崎市郡内科医会学術講演会 2019.6.27 宮崎
便秘診療の実際 ~新規薬剤をどのように使用するか~
〇佐野村 誠
神経障害と便秘症を考える会 2019.7.4 北九州
アミティーザの新たな知見と12µg製剤の使い方
〇佐野村 誠
第102回 日本消化器内視鏡学会近畿支部例会 2019.7.6 大阪
シンポジウム2「下部消化管腫瘍の内視鏡診断・治療up date」司会
佐野村 誠
第102回 日本消化器内視鏡学会近畿支部例会 2019.7.6 大阪
シンポジウム2「下部消化管腫瘍の内視鏡診断・治療up date」
直腸NETに対するESMR-Lの有用性と解決すべき諸問題
〇坂口奈々子,佐野村 誠,佐々木有一,江頭由太郎,樋口和秀
三島Pharmacy Seminar 2019.7.13 豊中
便秘診療の実際 ~治療薬の適切な使用法とは~
〇佐野村 誠
三島慢性便秘症治療セミナー 2019.7.18 高槻
パネルディスカッション 司会
佐野村 誠
Digestive Disease Next Generation Summit 5th 2019.7.20 大阪
Special Lecture 座長
佐野村 誠
第48回 日本消化器がん検診学会近畿地方会 2019.8.24 京都
シンポジウム1「内視鏡検査は大腸がん検診のmodalityとなり得るか?」
大腸がん検診を見据えた大腸カプセル内視鏡検査
〇佐野村 誠,能田貞治,樋口和秀
第465回 大阪胃研究会 2019.9.11 大阪
司会
佐野村 誠
アミティーザカプセル12µg発売1周年記念講演会in東京 2019.9.14 東京
アミティーザカプセル12µgの使用経験から考えるベネフィット
〇佐野村 誠
アミティーザカプセル12µg発売記念講演会in金沢 2019.9.21 金沢
アミティーザカプセル12µgの使用経験から考えるベネフィット
〇佐野村 誠
第27回 日本消化器関連学会週間 JDDW2019 2019.11.21-24 神戸
胆管空腸吻合部狭窄に対する細径ダイレーターを用いた順行性拡張術の有用性
〇上嶋一也,小倉 健,佐々木有一,佐野村 誠,樋口和秀
日本消化器病学会近畿支部第111回例会 2019.10.5 大阪
肝障害と著明な肝脾腫を呈した脾原発悪性リンパ腫の1例
〇西田光志,西川知宏,石原由希,坂口奈々子,沼 圭次朗,上嶋一也,西谷 仁,佐々木有一,佐野村 誠,横濱桂介,樋口和秀
日本消化器病学会近畿支部第111回例会 2019.10.5 大阪
腹腔動脈起始部圧迫症候群の2例
〇上嶋一也,佐野村 誠,西田光志,石原由希,坂口奈々子,沼 圭次朗,西川知宏,西谷 仁,佐々木有一,豊田昌夫,山田真規,樋口和秀
第74回 日本大腸肛門病学会学術集会 2019.10.11-12 東京
慢性便秘症におけるルビプロストンカプセル12µg漸増療法の有用性
〇佐野村 誠,佐々木有一,森川浩志
第1回 AGES in Osaka 2019.11.14 大阪
特別講演 座長
佐野村 誠
KDDW2019 2019.11.28-30 Seoul
Physician-controlled guidewire insertion improves technical success rate of endoscopic ultrasound-guided hepaticogastrostomy
〇Ueshima K, Ogura T, Nishida K, Sakaguchi N, Ishihara Y, Numa K, Nishikawa T, Nishitani H, Sasaki Y, Sanomura M, Higuchi K
高槻慢性便秘症セミナー 2019.12.5 高槻
便秘診療の実際 ~治療薬の適切な使用法とは~
〇佐野村 誠
第43回 日本肝臓学会西部会 2019.12.12 下関
当院でのHBV再活性化の現状と対策について
〇西川 知宏,安岡秀高,岡本紀夫,横濱桂介,大濱日出子,土本雄亮,朝井 章,福西新弥,樋口和秀
第226回 日本内科学会近畿地方会 2019.12.21 大阪
消化器6 座長
佐野村 誠
第226回 日本内科学会近畿地方会 2019.12.21 大阪
粘液癌を伴った0-Is+IIc型肛門管癌の1例
〇沼 圭次朗,佐野村 誠,西田光志,石原由希,坂口奈々子,上嶋一也,西川知宏,西谷 仁,佐々木有一,樋口和秀
第467回 大阪胃研究会 2020.1.8 大阪
十二指腸Brunner腺過形成の1例
〇佐野村 誠
高槻IBD学習会 2020.1.10 高槻
一般演題 座長
佐野村 誠
第103回 日本消化器内視鏡学会近畿支部例会 2020.1.18 大阪
有茎性ポリープの形態を呈した十二指腸Brunner腺過形成の1例
〇阪本 洵,佐野村 誠,西田光志,石原由希,坂口奈々子,沼 圭次朗,上嶋一也,西川知宏,西谷 仁,佐々木有一,豊田昌夫,長田憲和,樋口和秀
第103回 日本消化器内視鏡学会近畿支部例会 2020.1.18 大阪
粘膜下腫瘍の形態を呈した大腸SM癌の1例
〇沼 圭次朗,佐野村 誠,西田光志,石原由希,坂口奈々子,上嶋一也,西川知宏,西谷 仁,佐々木有一,長田憲和,樋口和秀
第103回 日本消化器内視鏡学会近畿支部例会 2020.1.18 大阪
肝転移を伴う胃原発胎児消化管類似癌の1例
〇石原由希,佐野村 誠,西田光志,坂口奈々子,沼 圭次朗,上嶋一也,西川知宏,西谷 仁,佐々木有一,長田憲和,樋口和秀
ASCO-GI 2020; Gastrointestinal Cancers Symposium 2020.1.23-25 San Francisco
The impact of additional treatment after endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma in real-world clinical practice
〇Sakaguchi N, Yamaguchi T, Ishizuka Y, Kodama H, Miyamoto T, Terazawa T, Kojima Y, Kii T, Sanomura M, Goto M, Higuchi K
OMC Gastroenterology & Hepatology Research Group カンファレンス 2020.1.30 大阪
ルビプロストンカプセル12µg漸増療法の有用性 ~市中病院でもできる若手ドクター向けの臨床研究
〇佐野村 誠
第16回 日本消化管学会総会学術集会 2020.2.7-8 姫路
腸管スピロヘータ症の3例
〇佐野村 誠,西田光志,石原由希,坂口奈々子,沼 圭次朗,上嶋一也,西川知宏,西谷 仁,佐々木有一,樋口和秀
第10回 green lab 2025 2020.2.15 吹田
便秘診療の実際 ~治療薬の適切な使用法とは~
〇佐野村 誠
南河内消化器疾患懇話会 2020.2.22 富田林
慢性便秘症におけるルビプロストンカプセル12µg漸増療法の有用性
〇佐野村 誠
日本消化器病学会近畿支部第112回例会 2020.2.29 京都
巨大な後腹膜脂肪肉腫の1例
〇沼 圭次朗,佐野村 誠,西田光志,石原由希,坂口奈々子,上嶋一也,西川知宏,西谷 仁,佐々木有一,豊田昌夫,長田憲和,樋口和秀
日本消化器病学会近畿支部第112回例会 2020.2.29 京都
大きさ1cm以下で潰瘍形成を伴った直腸NETの2例
〇坂口奈々子,佐野村 誠,佐々木有一,西谷 仁,西川知宏,上嶋一也,沼 圭次朗,石原由希,西田光志,長田憲和,樋口和秀
アミティーザカプセル12µg発売1周年記念講演会(Web配信) 2020.3.21 仙台
アミティーザの使用経験から考える~患者一人ひとりに合わせた慢性便秘症治療~
〇佐野村 誠

論文・著書・その他

  • 佐野村 誠,坂口奈々子,石原由希,森下文乃,山本嘉太郎,山田真規,横濱桂介,西谷 仁,佐々木有一,原 あずさ,樋口和秀.直腸に巨大な便塊を形成した便排出障害型便秘の1例.日本大腸検査学会雑誌 35: 103-108, 2019
  • 佐野村 誠,西田光志,坂口奈々子,石原由希,沼 圭次朗,上嶋一也,西川知宏,西谷 仁,佐々木有一,福西新弥,樋口和秀.慢性便秘症におけるルビプロストンカプセル12µg漸増療法の有用性.新薬と臨牀 68: 596-601, 2019
  • 佐野村 誠,石原由希,坂口奈々子,森下文乃,山本嘉太郎,山田真規,横濱桂介,西谷 仁,佐々木有一,川﨑浩資,豊田昌夫,長田憲和,江頭由太郎,廣瀬善信,樋口和秀.横行結腸PEComaの1例.胃と腸 54: 1561-1568, 2019
  • 佐野村 誠,西田光志,坂口奈々子,石原由希,沼 圭次朗,上嶋一也,西川知宏,西谷 仁,佐々木有一,長田憲和,廣瀬善信,平田一郎,樋口和秀.狭義のlymphoid follicular proctitis(LFP)の1例.日本大腸検査学会雑誌 36: 40-46, 2019
  • 佐野村 誠.拡大内視鏡診断 素朴な疑問Q&A.田中信治(監):大腸内視鏡 診断の基本とコツ.p 128-136, 2019, 羊土社,東京
  • 佐野村 誠.Case Study Case2. 上皮性腫瘍?非上皮性腫瘍? 田中信治(監):大腸内視鏡 診断の基本とコツ.p 194-198, 2019, 羊土社,東京