本文へ移動

診療科を探す

医師名で探す

閉じる

産婦人科

産婦人科

診療担当医表

※枠内に「※予約」とある診療枠は、完全予約制となります。

※横スクロールができます。

 
午前田中 理恵
(診察室3階)
前田 和也
(診察室3階)
田中 理恵
(診察室3階)
前田 和也
(診察室3階)
午後

診療担当医変更のお知らせ

診療担当医変更はございません

受付時間
午前診療8:00-11:30 午後診療13:00-15:30
診察時間
午前診療9:00-12:30 午後診療14:00-16:30

登録医診療所からの紹介患者さまは、優先的に診療いたします。

選定療養費・健康保険証について

医師紹介

前田 和也
医師名
前田 和也
職位
産婦人科 医長
田中 理恵
医師名
田中 理恵
職位
産婦人科 医長
奥田 喜代司
医師名
奥田 喜代司
職位
産婦人科 顧問

診療内容

当院産婦人科の特徴

2017年4月より、当科では、2名の常勤医と2名の非常勤医、計4名が在籍し、検診および婦人科疾患全般の診療を行っております。

子宮筋腫や卵巣腫瘍、子宮内膜症などに対する腹腔鏡手術を始め、子宮鏡手術、子宮頸部円錐切除術等を行っております。

落ち着きのある待合
全室個室の綺麗な病室

特殊検査

一般的な診察に加え、以下の特殊検査を行っております。

Ⅰ.子宮鏡検査

超音波検査等で子宮内膜ポリープや筋腫が疑われる場合、子宮内腔を観察し評価します

Ⅱ.膣拡大鏡検査(コルポスコピー)&組織診

子宮がん検診で細胞診異常を認めた場合、膣拡大鏡検査で詳しい検査を行います
子宮頸部高度異形成や上皮内癌に対しては、子宮頸部円錐切除術を行っています

手術実績(2018年1月~12月 135件)

手術の内訳

【腹腔鏡手術】75件の内訳

腹腔鏡下手術

主に子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症などに対して施行しております。 腹腔鏡手術は傷が小さく美容面でも優れております。当科では、どの腹腔鏡下手術においても内視鏡手術認定医が執刀しております。 また、開腹手術、腹腔鏡手術ともに創部の縫合は基本的に美容外科的な埋没縫合を行っており、より美しく目立たない手術創を目指しております。

腹腔鏡手術退院後の創部
約1ヵ月たつとほとんど目立たなくなります
①卵巣腫瘍切除術

卵巣嚢腫のなかでありふれた、皮様嚢腫の手術例です。皮様嚢腫を包んでいる卵巣部分を剥くようにして嚢腫を摘出しています。
場合、卵巣健常部分は残るため、卵巣機能は温存されます。

②腹腔鏡下筋腫核出術

症例1)
子宮筋腫を腹腔鏡で核出した症例です。このように握り拳大から新生児頭大の筋腫程度まで腹腔鏡で手術しています。

症例2)
子宮筋腫の核出症例です。術後3ヶ月目のMRIで子宮の核出部分が奇麗に治っている様子がわかります。

術前
術後
③細径腹腔鏡手術

内視鏡外科手術は、機器の発達や手技の熟練により手術適応を広げ、頻用されるようになってきました。その中でも、従来の5.0mm鉗子ポートを最新技術の細径鉗子MiniLap®を使用することで、切開創を従来の半分以下である2.0㎜まで小さくできます。

さらに、この方式によるメリットとして従来の内視鏡外科手術より術後の痛みも少なく、整容的にも優れる効果があります。

従来の腹腔鏡手術と細径腹腔鏡手術の比較画像

子宮頸部円錐切除術

子宮頸部の高度異型性または上皮内癌に対し、病巣を含め子宮頸部を円錐型に切除します

子宮頸部円錐切除術

患者数実績等

年間外来・入院患者数(2018年度)

外来患者数
初診患者数 277
外来延べ患者数 3,661
1日平均患者数 12
紹介総数 277
入院患者数
新入院数 150
在院延べ患者数 612
退院数 150
1日平均在院数 1.7
平均在院日数 4.1
手術件数 143